粗品や景品、ノベルティの名入れ通販|粗品のことなら発見マーケット

30,000円(税別)以上で送料無料 ※離島除く/代引無料/名入れ代・版代・のし代・包装紙代除く


2023年 03月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
休業日(土・日・祝は休業日です)
2023年 04月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
 

熱中症の種類

熱中症画像1 熱中症画像2

夏の暑い季節になると「熱中症」になる人が増加します。熱中症とは、強烈な日差しや高すぎる気温などの環境が原因となり起こる健康被害の事です。一般的に真夏の炎天下で長時間激しい運動を行うと、熱中症になってしまうイメージがありますが、屋内や日陰にいても熱中症になってしまう事があります。正しい知識を付け、きちんとした対策をしましょう。
熱中症は、いくつかの種類があります。

熱中症の種類の紹介

■熱痙攣

熱痙攣は運動をしている最中によく起きる熱中症の一つです。激しい運動をして大量に汗をかいているにも関わらず、水分だけで塩分の補給をしないと血液中の塩分濃度が低下し、腕や腹部、足などの筋肉に痛みを伴った痙攣を起こすのがこの熱痙攣です。
熱痙攣の症状には手足が攣る、筋肉の痙攣、筋肉痛などが見られます。
熱痙攣を起こした時には、痙攣した箇所を冷やしたりスポーツドリンクを飲むなどの対処を行いましょう。

■熱疲労

熱疲労は高温多湿の環境下で大量に汗をかき、塩分や水分が不足し脱水症状を引き起こす熱中症です。身体が暑さになれていない事で体温調節がうまくできずに、熱疲労となってしまうのです。
熱疲労は、嘔吐や頭痛、全身の倦怠感、判断力や集中力の欠如などが見られます。

■熱失神

熱失神は高温の環境化で激しい運動をした時に起こる熱中症です。水分と塩分が汗となって体外へ排出され、脱水症状になる事で血液の循環が悪くなり、脳に十分な血液を送る事が難しくなってしまいます。それが原因で、一時的な失神や顔面蒼白、眩暈を引き起こしてしまうのです。
熱失神を起こした時には、身体を冷やし、安静にする事が大切です。

■熱射病

熱中症の種類の中で最も症状が重いものがこの熱射病です。熱射病は急な体温上昇に身体が対応できなくなり、中枢機能に異常を引き起こしてしまう熱中症です。
熱射病の症状には意識障害やふらつき、不自然な言動などの症状が挙げられます。この熱射病は症状が重いと、最悪の場合死に到る事もあります。
上記のような症状があったら熱射病を疑い、早めに医療機関にかかるようにしましょう。

粗品に熱中症対策グッズ

熱中症対策として、熱中症の種類を知る事は非常に大切な事です。ぜひ、これらの熱中症の種類を覚えておきましょう。
炎天下で作業をするなら、帽子をかぶる、スポーツドリンクを持参しこまめに水分補給を行うなどの対策が必要です。屋内や木陰にいる場合でもボーっとするような暑さに感じるなら、冷房機器を活用する、水分と塩分をこまめに補給するといった工夫をしましょう。

また夏場に粗品を贈りたいのなら、熱中症対策に最適な粗品を贈ってはいかがでしょうか?そのような心遣いは相手側からすると、嬉しいものです。

熱中症予防声かけプロジェクト
アイエスプランニング(株)は熱中症予防声かけプロジェクトを応援しています。

コラム

粗品についてのコラムです、商品の選択時にお役立て下さい